FC2ブログ

つい買い食いしてしまいそうな通り

今週のぶらり神域巡り

新世界の通りは甘い香りがただよい財布の紐がゆるみそうになる
観光客以外にも訪れる人は連日多い

□ビリケン神社
ビリケン神社_01ビリケン神社_02ビリケン神社_03

□新世界稲荷神社
新世界稲荷神社_01新世界稲荷神社_02新世界稲荷神社_03


近くでギャラリーが開いていたので覗く
このイベントがあったので、今週はここらを巡ってみようとしたのも事実だけども

□なにわ妖魄祭
なにわ妖魄祭_01なにわ妖魄祭_02なにわ妖魄祭_03
スポンサーサイト

ぶらり東三国

今週のぶらり神域巡り

もうこの時期は寒いのでコートを装備しているのだが、
日中は脱ぎたいくらいに暑かった

平日は昼食の際に外出してるはずだが、
歩き回るとなるとまた別か


□須賀神社跡
須賀神社跡_01須賀神社跡_02須賀神社跡_03須賀神社跡_04

□大願寺
大願寺_01大願寺_02大願寺_03大願寺_04大願寺_05大願寺_06

□長柄人柱碑
長柄人柱碑_01長柄人柱碑_02

□道祖神
道祖神_東三国_02

長柄の人柱は「雉も鳴かずば撃たれまい」の元ネタ話
決して↓これらを連想してはいけない
犠牲の犠牲キー!



帰りに和菓子屋
みたらし団子をその場で焼いてくれるので昼飯代わり
他のものも買おうと思ったので団子は1本にしようとしたが、2本からでないと購入不可らしい
彩甲堂彩甲堂_ショーケース彩甲堂_みたらし団子_01みたらし団子_焼き途中彩甲堂_みたらし団子_02
みかん大福_01みかん大福_02

食べたことなかったので、みかん大福を購入
中のみかんは缶詰産の如く甘みが強い

美味くはあったが白餡と皮の甘さがあるので
中のみかんは少し酸味があったほうが自分としては好み

真田まつりに合わせてぶらり

今週のぶらり神域巡り

去年、一昨年と仕事の疲れや出張やらで行けなかった真田まつりへ
ついでに他の神社にも回ってきたが、
流石に大阪城まで足を運ぶのはかなり疲れた

一応大阪城天守閣にも上ってきました

□三光神社
三光神社_01三光神社_02三光神社_03三光神社_04三光神社_05

□玉造稲荷神社
玉造稲荷神社_01玉造稲荷神社_02玉造稲荷神社_03玉造稲荷神社_04玉造稲荷神社_05

□豊國神社
豊國神社_01豊國神社_02豊國神社_03豊國神社_04豊國神社_05


あ、これ真田まつりのみやげです
・筆文字デザイン(500円)
・寛永通宝六文銭お守り(800円)

真田まつりみやげ
屋台_筆文字入れ屋台_真田まつりみやげ_02



かみさまー

今週のぶらり神域巡り

神社のなかには、ちょくちょくと参拝方法をきちんと掲げてくれているところがある
こういう細かな親切は嬉しいものだ(自分も順序とかど忘れすることもあるし)
まあ心がこもっていれば、少しくらいの間違いは許してくれるだろう

ただし荒したりする常識外れな行いは
看板とかに注意喚起とか書かれてなくともわかりましょう

事故で何らかを傷つけたりした場合は社務所のほうへ謝りに

□蒲田神社
蒲田神社_01蒲田神社_03蒲田神社_04蒲田神社_05蒲田神社_06

□難波八坂神社
難波八坂神社_01難波八坂神社_02難波八坂神社_03難波八坂神社_04難波八坂神社_05

□地蔵尊
地蔵尊_東三国
東三国にて




巡り廻る

休日は気分転換も兼ねて、てきとーに自転車とか定期券の範囲でぶらついたりする。
何も目的地とか定めないと、同じ道も行ったり来たりすることがあるので、
足の向いた方角で、近場の寺社を一応の目的地に設定している。
近辺だけでどれだけの社があったり、特色がわかったりするのが結構楽しい。
(寄った寺社の写真とか載せたりすると、住んでいるところとか特定されそうな気がするな・・・)

ただ寺は神社と違い、少し参拝に入りづらい雰囲気のところがある。
まあその辺りは臨機応変に。
子供心だったせいかもしれないが、故郷の近所の寺は結構開放的な感じがした

ぶらつく途中で地蔵尊とかも見かけることもある。
みなも神社だけでなく、余裕があれば拝んだりお供えしたりするといい。
自分はバッグに小分けの包装菓子とか入っていると、ついでにお供え物として置いたりする。
寺社では自分事の願い、お地蔵様には見守っている道での事件事故の防止の願いという
よくわからない区別をいつの頃からしているが、理由はなんだったか

□今宮戎神社
今宮戎神社_01今宮戎神社_02今宮戎神社_03

□大国主神社
大国主神社_01大国主神社_02大国主神社_03大国主神社_04大国主神社_05



地蔵尊_新今宮


しかし、今回見かけた地蔵尊は損傷被害にでも過去にあったのか鉄網で保護されていた。
盗難防止も兼ねており仕方ないことだが、
拝むことだけでお供えができないようになってしまっている状況は、唯々悲しい気分になる



プロフィール

燗炉

Author:燗炉
Circle:銘甘堂 「玄関
   (休止中)
ほそぼそと暮らす絵描き
主に和風好き
ケースバイケースで、
“甘露”、“寒露”と変化している
ひねくれ者

negative111@hotmail.co.jp
@は半角に変更する必要あり

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
今までの閲覧者
現在の閲覧者
検索フォーム
Twitter
月別アーカイブ
リンク